ごちそう回転寿し栄助

  • 会社概要
  • 求人情報
  • お問い合わせ

栄助のこだわり

ホーム栄助のこだわり
日本海鮮魚 寿司職人の握り 店内仕込み自家製手しごとの品々。
日本海近海 捕れたて鮮魚。
二つの漁港から日々入荷。
新潟県の北に位置する岩船漁港、同じく山北地域の寝屋漁港から各店舗へ自社直送便で鮮魚が送られます。

セリで厳選。当社買い付け人が漁港で仕入れ。
岩船漁港、山北寝屋漁港へ当社買い付け人が直接出向き、プロの目で厳選し、地魚をセリ落としています。鮮度を保つため自社便で各店舗へ届けられます。
寿司職人の握り。
対面しごと職人の舞台
回転寿しとして栄助は創業以来三十余年、多くのお客様にお手軽に、お好みのお寿しをお好きな量、お手頃価格でお召し上がりいただきたいと思っています。
同時に寿司という食文化継承、発展のため寿司は職人が対面で握る。このスタイルを守っています。
寿司職人の技・力量の向上を目的に社内技術コンテストを定期開催。ベテランも新人も日々技術を磨き、お客様をお迎えするために修練を続けています。
店内仕込み。
シャリを何度も炊き上げる。鮮魚をおろす、切りつける。鯖を〆る。…いかを漬け込む、出汁をとるなど仕込みは店内が基本。
新潟、山形、秋田の3県、広域にわたる17の直営店。時期、天候、地域性などによって店舖それぞれに仕込み加減に違いがあります。
素材を活かすも仕込みが大事。店内における最良の仕込みが美味しさにつながっていきます。
出来立てを食す。豊富な自家製の品々。
炙る、焼く、蒸す、煮る、揚げる…栄助は出来立てが一番美味しい時だと考えています。
出来立てを提供することにこだわり、つくり置きをせず、ご注文いただいてから調理をします。
「栄助の味」は一番美味しい時の味です。
ページトップに戻る